古物って一体なに?

古物(こぶつ)とはあまり聞きなれない言葉ですが、具体的にはどういう意味なのでしょうか?

ここでは、古物とは一体どういうものなのか確認していきます。

古物は大きく3つに分類されています

古物とは、字から読み解くと古い物のこと?と思いがちです。

ということは…

壺や絵画のような古い物を指すのでしょうか?

実はこれ違います。古物=古い物ではありません。

具体的にはどのような物を指すのか?

古物を規定している法律である『古物営業法』から読み解くことができます。

簡単にまとめると、古物営業法で古物は次の3つに分類されています。

  • 一度使用された物品
  • 使用されない物品で使用のために取引されたもの
  • これらいずれかの物品に「幾分の手入れ」をしたもの
  • 上記の1にもありますが、一度でも使用されたものは古物として扱われます。

    先ほど書いた、古物=古い物でないのがわかります。

    例えば、使い古したパソコンやカバン、一度読んだ本などは古物です。単に古い物ではなく一度でも使えばそれは古物となります。

    2に関しては、一度も使うことはなかったが使うために取引されたもの。

    例えば、パソコンを使用目的で買ったが、一度も使わず新品の状態のままである、あるいは買ったものの未開封CDなどです。

    つまり、買ったはいいが結局使わずそのままの状態の物です。

    1は中古品、2は新古品のようなものとお考えください。

    3は、中古品や新古品を手入れしたもので、本来の中古品、新古品の用途を変えず、修理や手入れを行うことです。

    • 壊れたバイクを修理してバイクとして乗る
    • 傷ついたCDをメンテナンスして再び聞けるようにした

    これらバイクやCDはメンテナンス後は使い道は変わっていません。

    古物の定義がわかったところで、次に古物とは具体的にどんな物があるのか確認していきます。

    古物は13種類に分類されています。具体的な内訳は以下の通りです。

    美術品類 絵画、彫刻、工芸品、骨董品、アンティーク等
    衣類 古着、和服類、子供服等
    時計・宝飾品類 時計、眼鏡、宝飾品、宝石類、アクセサリー等
    自動車 自動車、タイヤ等
    自動二輪車及び原動機付き自転車 バイク、タイヤ等
    自転車類 自転車、タイヤ等
    写真機類 カメラ、レンズ、望遠鏡等
    事務機器類 パソコン、タイプライター、コピー、電話機等
    機械工具類 電気類、工作機械、土木機械、化学機械等
    道具類 家具、CD,ゲームソフト、運動用具類、楽器等
    皮革・ゴム製品類 カバン、靴等
    書籍 古本
    金券類 商品券、乗車券、航空券等

    古物とは(まとめ)

    古物とは、中古品や新古品のことを指し、またこれらの物の用途を変えず、手入れを加えた物であるといえます。

    そして古物は13種類に分類されています。

    古物商許可申請をする時には、ご自身が取り扱いたい古物を13種類の中から選んで申請することになります。

    取り扱いたい古物が複数ある場合、例えば、『道具類』と『書籍』を選んでの申請も可能です。

    関連記事

    古物商許可とは

    古物商許可申請の際の注意点

    古物商許可の欠格事由

    古物商許可申請の必要書類

    行商する

    古物商許可証について

    古物営業とは?

    古物商Q&A

    お気軽にお問い合わせください。052-870-5249受付時間 9:00-21:00 [ 日・祝日除く ]

    メールでの相談はこちら お気軽にお問い合わせください。