古物商許可に有効期間はあるの?

結論から言えば、有効期間はありません。

1度取得した許可は更新手続きなどもありません。

古物商以外の業種の場合は有効期間の定めがあるものもあります。

古物商許可に有効期間は定められていませんので、特に手続きをすることなく業務を行うことがあります。

ただし、古物営業を営むなかで、営業所が変わったり、管理者の変更等申請時の内容に変更があれば『変更届』の提出が必要になります。

有効期間はありませんが注意点があります!

許可には有効期間はありませんが…

  • 許可を受けて6カ月営業しない
  • 引き続き6カ月以上古物営業を営んでいない

このような場合は許可を取り消されてしまう可能性があります。

なので、『古物営業を今は行わないが、取り合えずとっておこう』と考えたとしても、6カ月古物営業を行わないと取り消されてしまう可能性があるので注意が必要です。

まとめ

古物商許可に有効期間はありません。しかし6カ月間古物営業を行っていないと許可権者(公安委員会)によって許可を取り消されてしまう場合があります。