【重要】古物商許可の取得に費用はいくら必要?

お金古物商許可申請
  • 古物商許可が欲しいけど費用はどれぐらい?
  • 専門家に依頼すると料金はどのぐらい?
  • 許可後にも費用はかかるの?

これから古物商許可を取得したい方。

許可の取得にいくらお金がかかるのか気になりますよね。

この記事では古物商許可の取得に必要な費用について解説します。

 

行政書士 塚田
行政書士 塚田
私は現役の行政書士で、古物商許可の相談実績が300件以上あります。

 

  • この記事の結論
  • 古物商許可の取得にかかる費用は2万円程度
  • 専門家に頼んだ場合にかかる料金は5万円程度
  • 許可後にかかる費用は数千円程度

 

古物商許可の取得に必要な費用

電卓とお金【結論】古物商許可の取得には2万円程度必要です。

では具体的に費用の内訳を見ていきましょう!

 

費用一覧

  • 古物商許可の申請手数料…19,000円
  • 住民票の写し…300円程度
  • 身分証明書…300円程度
  • 登記事項証明書(法人申請のみ)…480円~600円
  • 交通費その他実費…数百円~数千円程度

 

上記を合計すると約2万円になります。

 

次に各費用の内容について解説します。

 

古物商許可の申請手数料

警察署

古物商許可を取得するには警察署に申請しなければなりません。

申請手数料として19,000円を警察署に納めます。

 

申請手数料は不許可になっても返金されません。

 

19,000円は現金で払うのではなく19000円分の収入証紙で納付します。

収入証紙は警察署で購入できるので申請時に購入しておきましょう。

≫参考:古物商許可申請ってどこの警察署にするの?

 

住民票の写し

住民票住民票の写しが必要です。

申請の添付書類として提出します。

住民票の写しは住民登録している市区町村役場で取得しましょう。

 

法人で古物商許可を取得する場合は役員全員分の住民票の写しが必要になります。

≫参考:古物商許可に必要な住民票の【失敗しない】取り方

 

身分証明書

各種証明書交付請求書

身分証明書とは運転免許証などの本人確認書類のことではありません。

本籍地の市区町村役場で取得できる書類です。

≫参考:古物商許可に必要な身分証明書って何?

 

行政書士 塚田
行政書士 塚田
役所で『身分証明書が欲しいです』といえば発行してくれます

 

法人で古物商許可を取得する場合は役員全員分の身分証明書が必要になります。

 

登記事項証明書

履歴事項全部証明書法人申請の場合に必要な書類です。

この書類は法務局で取得できます。

 

専門家【行政書士】に依頼した場合の料金相場

書類作成する人【結論】5万円前後です。

 

古物商許可の手続き方法は次の2つです。

  1. 自分で手続きを行う
  2. 専門家(行政書士)に依頼して手続きを代わりにやってもらう

行政書士に代行してもらう場合は代行手数料を支払う必要があります。

価格に関しては各行政書士が自由に設定できるため事務所によってバラバラです。

 

行政書士会連合会が報酬の統計調査を行い、報酬相場を出しています。

統計によれば5万円程度で代行している行政書士が多いです。

≫参考:行政書士会連合会

 

行政書士 塚田
行政書士 塚田
実際、周りを見ても5万前後の事務所が多いです。

 

≫参考:行政書士に依頼する3つのメリットと抑えるべきポイント

 

古物商許可後に必要な費用

古物商許可証とプレート古物商許可の取得後は古物商のプレート古物台帳が必要になります。

 

営業開始前にプレート(表札)と台帳を用意しなければなりません。

 

【費用】

  • 古物商のプレート…数千円
  • 台帳…0円~数千円

プレートはAmazonなどネットで購入できます。

相場は2,000円~5,000円程度です。

 

古物台帳は自作でもOKです。その場合は無料です。

古物台帳の作成方法に関しては警察で教えてくれますので自作することをお勧めします。

 

行政書士 塚田
行政書士 塚田
プレートはネットで、台帳は自作でOKです

 

まとめ【古物商許可の取得に必要な費用】

お金を浮かべるビジネスマン古物商許可に必要な費用について解説してきました。

  • 古物商許可の取得にかかる費用は2万円程度
  • 専門家に頼んだ場合にかかる料金は5万円程度
  • 許可後にかかる費用は数千円程度

費用を参考に古物商許可申請の手続きを進めていただければと思います。

 

【関連記事】

 

行政書士塚田貴士事務所へのご相談はこちらから 

タイトルとURLをコピーしました