古物商許可は賃貸物件でも取れる?ダメなときの対策法も解説

賃貸物件でも古物商許可は取れますか?

 

古物商許可の取得をお考えの方!

自宅が賃貸物件だけど許可おりるの?と不安に思っていませんか。

 

  • この記事を書いた人

私は現役の行政書士です。

古物商許可の相談実績は300件以上あります。

この記事では賃貸でも古物商許可は取れるのかを解説します。

 

  • この記事の結論
  • 賃貸物件でも古物商許可は取得できる
  • 事前に大家さんの承諾は必要
  • 大家さんの許可がおりなければ別の場所を考える

 

古物商許可は賃貸物件でも取れる?

アパート賃貸物件でも古物商許可の取得は可能です。

古物商は営業所を決めて申請しなければなりません。

営業所とは古物の買取・販売を行う場所のことです。

自宅が賃貸であっても営業所として登録できます。

賃貸借契約書をチェック

賃貸借契約書まずは賃貸借契約書の『使用目的』欄をチェックしましょう。

使用目的が『事務所』『事業用』になっていれば問題ありません。

営業所として申請することができます。

 

一方で『居住用』『住居専用』になっていれば原則営業所として使用することはできません。

大家さんの承諾が必要です。

無用なトラブルを起こさないために

賃貸物件を営業所にする場合は注意が必要です。

賃貸物件は通常『住む』ために借りているのであって『事業』のために借りているわけではありません。

古物商は『事業』に該当します。

 

そのため、

申請前に大家さんに古物営業を行ってもいいか確認してください。

 

行政書士 塚田
行政書士 塚田
大家さんの承諾を得てから申請しましょう。

承諾なしに古物営業を行ってしまうと、後でトラブルに発展する可能性があります。

大家さんと交渉するポイント

古物営業について大家さんと交渉する時は、事業内容を明確に伝えるようにしましょう。

単に『古物商やりたいです』だけだと承諾がおりない可能性があります。

 

大半の人はネットを使って古物売買をすると思います。

事業はネットのみです。お客さんが家にくることはありません。そのため近隣に迷惑はかけません。

上記のように明確に伝えることで承諾を得やすくなります。

 

行政書士 塚田
行政書士 塚田
実際に事業内容を明確に伝えたことで大家さんの許可がおりたケースがあります。

古物商を賃貸で営む際、使用承諾書は必要?

古物商の申請で『使用承諾書』を提出することは原則ありません。

※愛知県を含め近隣の都道府県では不要です。

以前と比べて使用承諾書の提出まで求めない警察署が増えてきました。

 

ただし、警察署によっては提出を求められるケースがあります。

申請前に確認することをオススメします。

賃貸物件がダメだった場合【大家さんの承諾がおりなかった】

大家さんと交渉のすえ、承諾がおりないこともあります。

その場合は別の場所を営業所にできないか考えましょう。

 

  • 営業所の候補
  • 実家
  • 友人・知人宅
  • 新たに物件を借りる

実家を営業所にする

実家を営業所にすることもできます。

実家の所有者が親であれば、親の承諾が得られればOKです。

実家が賃貸物件の場合は大家さんの承諾が必要になります。

友人・知人宅を営業所にする

友人・知人宅を営業所にすることもできます。

同じように友人・知人の承諾が必要です。

新たに物件を借りる

古物営業ができる物件を借りる方法があります。

新しく物件を借りるので賃貸料はかかりますが、営業所として申請できます。

営業所として申請が難しい場所

レンタルオフィス営業所の候補に『レンタルオフィス』や『バーチャルオフィス』が考えられますがオススメできません。

 

レンタルオフィスは他社と共有するので『営業所の独立性』で問題が生じることがあります。

バーチャルオフィスも営業所の実態がないので許可は難しいでしょう。

 

レンタルオフィスやバーチャルオフィス以外で営業所を探すことをオススメします。

≫参考:レンタルオフィスで古物商許可を取得できる?

≫参考:バーチャルオフィスで古物商許可は取れる?

まとめ【古物商は賃貸物件でもできるのか】

賃貸物件でも古物商許可の取得は可能です。

事前に大家さんの承諾を得てから申請しましょう。

 

承諾を得ることができなければ、別の場所を営業所にすることを検討してください。

古物商許可の取得でお困りはありませんか?

  • 中古品の売買をしたい!
  • 許可が欲しいが手続きをする時間がない!
  • 古物商許可を代わりに取得してほしい!

上記でお悩みなら行政書士にお任せください。

全国対応。お気軽にお問い合わせください。

行政書士塚田貴士事務所へのご相談はこちらから

 

古物商許可に関する下記の記事も参考にしてくださ。

古物商 記事一覧
タイトルとURLをコピーしました