古物商の資格を取るのに試験はある?【行政書士が解説】

試験古物商許可申請
古物商になるための試験はありますか?

 

古物商に興味がある方!

古物商の資格を得るのに試験はあるの?』と思っていませんか。

これから中古品の売買業を行う方は、古物商について知っておきましょう。

 

  • この記事を書いた人

古物商許可専門の行政書士。

古物商許可の相談実績は300件以上。申請実績は100件以上あります。

そこでこの記事では、古物商の資格取得に試験はあるのかを解説します。

 

  • 記事の結論
  • 古物商になるための試験はない
  • 古物商になるには古物商許可の取得が必要
  • 許可の取得は行政書士に外注できる
\ 相談実績300件以上! 許可率100%/

行政書士塚田貴士事務所への相談はこちら

古物商の資格を得るための試験はない

なし古物商になるための試験制度は存在しません。

例えば、運転免許証を取得するには筆記試験や実技試験に合格しなければなりません。

 

しかし、古物商に試験を受ける制度はありません。講習もありません。

≫参考:古物商とは?【行政書士が解説】許可が必要なケース、申請方法も説明!

古物商になるには古物商許可を取得する

古物商許可証の取得古物商になる方法は古物商許可を取得することです。許可があることで、古物商としての活動が認められます。

 

許可を取得するには公安委員会(警察)に対して『古物商許可申請の行政手続き』が必要です。

≫参考:古物商許可を個人で取得【完全ガイド】専門行政書士が詳しく解説

≫参考:古物商許可を法人で取る!取得方法や費用、注意点を行政書士が解説

古物商の管理者になるための試験もない

古物商は営業所に管理者を設置しなければなりません。管理者は営業所の責任者です。

管理者になる場合も特別な試験を受ける必要はありません。

 

ただし、管理者は営業所の責任者なので古物に精通していることが望ましいです。

≫参考:【専門家解説】古物商の管理者とは?どんな役割で誰でもなれるの?

 

管理者は古物商自身が兼ねることもできます。

古物商許可を取れない人もいる

古物商許可申請しても許可をもらえる保障はありません。つまり、不許可になる場合もあります。

 

不許可になる原因は法律で定められた『欠格事由』に該当してしまうこと。法律で『〇〇に該当する人には許可を与えません』と規定されています。

これが欠格事由です。

 

下記の欠格事由に1つでも当てはまると許可は取得できません。

 

  • 禁固以上の刑、又は特定の犯罪により罰金の刑に処せられ、5年を経過しないもの
  • 住居の定めがない
  • 過去5年以内に古物商許可を取り消されたが経験がある
  • 破産者で復権を得ていない
  • 心身の故障によって古物営業を営むことができない
  • 暴力団員その他の犯罪組織に属している
  • 未成年者

 

欠格事由に該当する人は少ないと思います。仮に欠格事由に該当しても期間の経過によってクリアできる場合がほとんどです。

古物商許可申請は少々複雑

デメリット古物商許可を取得するには古物商許可申請が必要です。

 

申請の流れは次のとおりです。

  1. 申請書類の準備
  2. 申請窓口へ書類提出
  3. 古物商許可の取得

初めての方は手続きが複雑に感じるかもしれません。

 

なぜなら、申請書の作成や必要書類の収集作業があるからです。自分で1から調べると多くの時間と労力がかかります。

≫参考:古物商許可申請に必要な9つの書類を行政書士が解説

≫参考:古物商許可申請書の書き方(個人)を行政書士が解説【記入例アリ】

 

慣れない作業でミスが起こると、許可取得まで何カ月もかかる場合があります。

古物商許可申請は専門家【行政書士】に外注できる

行政書士古物商許可申請を行政書士に外注することができます。

 

行政書士は書類作成のプロ。申請に必要な書類作成や書類収集ができます。

 

行政書士が対応することで面倒な書類の準備はしなくてOK。さらに短期間で書類集めができるので早く申請できます。

 

≫参考:【申請実績100件以上】行政書士塚田貴士事務所 

古物商の資格を得た後は学習が必要

ルール古物商になると『古物営業法』という法律の規制を受けます。古物営業法では古物商に色々な義務を課しています。

 

知らなかったでは済まされない規定もあるので古物営業法は読んでおきましょう。

 

条文も40条ぐらいしかないのでサラッと読めます。古物営業のルールはしっかり把握しておきましょう。

≫参考:古物営業法

 

警察や古物商防犯協会では定期的に古物商の勉強会が開催されています。古物商として知っておくべきポイントが勉強できるのでオススメです。

【まとめ】古物商の資格を得るための試験はある?

古物商になるための試験はありません。古物商許可を取得することで古物商になることができます。

 

許可の取得には『古物商許可申請の行政手続き』が必要です。

 

しかし、申請手続きは少々複雑。申請書類の用意が大変だからです。自分で1から調べると多くの時間と労力がかかります。

 

自分で申請手続きをする自信がない、忙しくて時間がない方は行政書士への外注がオススメです。

 

行政書士が代行することで面倒な申請手続きはしなくてOK。簡単に許可を取得できます。

古物商許可申請でお困りなら行政書士に相談

行政書士は申請者に代わって古物商許可の申請手続きができます。

申請書類の作成や書類収集を行政書士に任せることで面倒な手続きから解放されます。

≫参考:行政書士塚田貴士事務所へのご相談はこちらから

お悩み解決に繋がる無料相談窓口はこちら

行政書士塚田貴士事務所では、これから古物商許可を取得する方を対象に無料相談をおこなっています。

  • 中古品の売買をしたい!
  • 許可が欲しいが手続きをする時間がない!
  • 古物商許可を代わりに取得してほしい!

上記でお困りならお気軽に無料相談をご利用ください。

全国対応です。下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせページ

 

古物商許可に関する下記の記事も参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました