古物商をAmazonで行う!URL届出とは何の書類を用意するの?

Amazon古物商許可申請
Amazonで販売する場合、警察に提出するURLの届出について教えてください。

 

Amazonで中古品販売を行う予定の方

警察にURLの届出を提出するみたいだけど、何を用意すればいいの?』と思っていませんか。

Amazonの場合、少し特殊でわかりにくいです。

 

  • この記事を書いた人

古物商許可の取得専門の行政書士。

古物商許可の相談実績は300件以上。申請実績は100件以上あります。

そこでこの記事ではAmazonで販売する際、警察に提出するURLの届出について解説します。

 

この記事を読むことで、何の書類を用意すればいいのか理解できます。

Amazonで販売する場合、URL届出が必要なケースがある

url

インターネットを使って中古品の売買を行う場合、ホームページのURLを警察に届け出なければなりません。

 

Amazonに関しても、URLの届出が必要な場合があります。

 

出品形態によってURLの届出が必要なケース、不要なケースにわかれます。

  • 小口出品…URLの届出不要
  • 大口出品…URLの届出必要

大口出品の場合にURLの届出が必要です。

 

ただし、管轄の警察署によって扱いが異なる場合があります。詳細は申請窓口に確認してください。

そもそも古物商のURLの届出って何?

大口出品に登録すると個別にURLが割り当てられます。つまり、あなただけのURLがもらえるのです。

 

https://www.amazon.so.jp/……←これがURLです。

個別に割り当てられたURLを警察に知らせる必要があります。

 

URLとはインターネット上の住所のようなもの古物商許可申請書には申請者の営業所の所在地を書きます。

 

同じようにネット上の営業所の住所でもあるURLも警察に伝える必要があるのです。

≫参考:古物商のURL届出って何?どんな書類で、どんな時に提出するの?

古物商のURLの届出って何を提出するの?

クエスチョンマークURLを届け出る時にURLの使用権限を疎明する資料も提出します。

 

URLの使用権限を疎明する資料とは『このURLは私が使用する権限を持っています』という書類です。

 

この疎明資料に決まった書類はなく、色々な証拠書類を集めて警察に認めてもらう必要があります。

 

ただし、『証明資料』ではなく『疎明資料』でなので、厳密な審査まではありません。

 

Amazonに『URLの使用権限を疎明する資料』の請求ができない

AmazonではURLの使用権限を疎明する資料の発行は行っていません。よって、Amazonに請求しても貰えません。

 

  • 対策
  • Amazonのストアのプロフィールページをスクリーンショット
  • 誓約書を書く

①Amazonのストアのプロフィールページをスクリーンショット

ストア出店している方は自分のプロフィールページがあります。『特定商取引法に基づく表記』と書かれているページです。

 

販売業者名、電話番号、住所、運営責任者、店舗名が表記されています。

 

販売業者名と古物商の申請者の名前は一致させてください。このページをスクリーンショットして印刷します。

②誓約書を書く

amazon・url誓約書

誓約書ダウンロード【無料】

『このURLは私が使用することに間違いありません』という旨の誓約書も提出しましょう。

 

一般的には、下記の2点を提出すればOKです。

  • プロフィールページのスクリーンショット
  • 誓約書

ただし、管轄の警察署によって対応が異なる場合があります。事前に確認されることをオススメします。

プロフィールページに記載する事項

古物商許可の取得後、ストアのプロフィールページに次の3点の情報を記載しましょう。

  • 許可を受けている者の氏名又は名称
  • 許可を受けている公安委員会
  • 12ケタの古物商許可証番号

 

例えば、次のように表記します。

  • 古物太郎
  • 愛知県公安委員会
  • 123456789123

古物商許可番号は許可後にわかります。

 

【まとめ】Amazonで中古品販売!URLの届出方法について

Amazonの大口出品で中古品販売をする場合、URLの届出が必要です。

 

届出の際は『URLの使用権限を疎明する資料』を提出します。しかし、Amazonは疎明資料の発行を行っていません。

 

疎明資料として次の2点を提出しましょう。

  1. ストアのプロフィールページをスクリーンショット
  2. 誓約書を書く

警察署によって上記の書類では受理されない場合があります。事前に警察署への確認を行ってください。

 

古物商許可に関する下記の記事も参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました