ヤフオクで出品するの場合、古物商許可は必要なの?

ヤフオクで出品する場合、古物商許可は必要?

 

ヤフオクで出品する場合、古物商許可は必要ですか?

 

 

今回のテーマ

  • ヤフオクで出品する場合、古物商許可は必要?
  • 古物商許可が必要なケース
  • 古物商許可が不要なケース

 

ヤフオクで出品する場合、古物商許可は必要?

【結論】出品の『目的』によって許可が必要か不要かにわかれます。

ヤフオクだから必要とか、メルカリだから不要とかではありません。

使うサービスは関係ありません。

 

重要なのは出品する目的です。

 

許可が必要、不要かの判断はどのような目的でヤフオクを利用するかによります。

 

古物商許可が必要なケース

【結論】利益を得る目的でヤフオクを利用する場合は古物商許可が必要です。

いわゆるビジネス目的でヤフオクで出品する時に古物商許可が必要になります。

 

例えば、下記のようなケースで許可が必要になります。

メルカリで1,000円で本を仕入れて、ヤフオクで2,000円で販売して利益を得る。

自分で使うためでなく、最初から転売目的で商品を仕入れて、販売する目的であれば許可が必要になります。

 

古物商許可が不要なケース

【結論】自分で使っていた物をいらなくなったのでヤフオクに出品する。

単に不用品の処分目的でヤフオクを利用する場合は許可は不要です。

 

例)

  • 着なくなった服を処分目的でヤフオクで売る
  • 読み終わった本をヤフオクで売る
  • 使わなくなった家電をヤフオクで売る

いらなくなった物をヤフオクに出品するだけなら許可は不要です。

 

 まとめ 

 

  • 『利益を得る目的』で古物を仕入れて、転売する場合は許可が要る。
  • 『不用品の処分目的』で利用する場合は許可は不要。

 

利益目的の判断は最終的に警察がします。

警察

ヤフオク出品が利益目的なら古物商許可は必要でした。

 

一方、不要になった古物を売るだけなら許可は不要でした。

 

これらの利益目的か否かは最終的に警察が判断します。

 

単に不用品の処分目的であっても、反復継続的に取引をしていれば『利益目的』と判断されてしますかもしれません。

 

このように利益目的か否かの判断は曖昧な部分があります。

 

不安であれば、古物商許可を取得して安心して古物の取引を行うことをお勧めします。

 

まとめ【ヤフオクの利用に古物商許可は必要なのか?】

利益を得る目的で古物を仕入れて、転売する行為を繰り返し行う場合は許可が必要。

自分が使っていた物が不要になったので処分目的で売る場合は許可は不要。

許可が必要か、不要かの最終的な判断は警察が行う。

 

【関連記事】

 

行政書士塚田貴士事務所へのご相談はこちらから