古物商許可証とは?【わかりやすく解説】

古物商許可証とは?いったい何?わかりやすく教えてください。

 

 

中古品ビジネスを行う場合に『古物商許可証』は知っておかなければなりません。

この記事を読むことで古物商許可証とは何か?さらに取得方法についても知ることができます。

 

 

この記事を読んでわかること

  • 古物商許可証とは何か
  • 古物商許可証の取得方法
  • 古物商許可証を取得する2つのメリット

 

古物商許可証とは?

【結論】中古品の買取・販売業を行うことが認められた公的な証明書です。

都道府県公安委員会から古物商許可を得ると交付されます。

 

イメージとして古物商許可証とは、お国から『中古品売買業を行ってもいいですよ』というお許しの証明書です。

 

利益を得る目的で中古品の売買を行うには事前に公安委員会の許可を得なければできません。

許可を得ていないのに中古品の取引をしてしまうと重たい罰則に科されてしまいます。

 

中古品ビジネスを行うなら古物商許可証の取得は必須です。

 

古物商許可証があることで安心して中古品の売買ビジネスができるのです。

≫参考:古物商免許とは?【よくわかる解説】

 

古物商許可証の取得が必要な場合とは?

  • 古物(中古品)を仕入れて、販売する
  • 古物を仕入れて、修理・手入れをして販売する
  • 仕入れた古物をレンタルする
  • 日本で仕入れた古物を海外へ輸出する

現在はインターネット上での中古品の取引が盛んに行われています。

ネットで中古品を安く仕入れて別のところで高く売って利益を出す行為は古物営業に該当しますので古物商許可の取得が必要になります。

 

古物商許可証の取得方法【4ステップ】

ステップ古物商許可証を得るには古物商許可を取得しなければなりません。

 

許可を取得する流れは下記の通りです。

  1. 申請窓口を調べる
  2. 申請書類を揃える
  3. 申請書類を窓口に提出する
  4. 古物商許可証が交付される

 

申請窓口を調べる

スマホで調べる人申請先は『主たる営業所の所在地を管轄している警察署』です。

つまり警察が窓口になります。

 

申請先の警察署を調べる方法

  • 都道府県の警察本部に電話
  • 最寄りの警察署に電話
  • ネットで『古物商 申請場所 〇〇市』と検索

≫参考:古物商の申請をする警察署ってどこ?

 

申請に必要な書類を揃える

書類作成する人古物商許可申請書や添付書類の作成・収集を行います。

定められた書類をすべて用意して提出しなければなりません。

 

各都道府県警察のホームページに提出書類一式を公開しているので確認してみて下さい。

≫参考:古物商許可申請に必要な書類【詳細解説】

 

古物商許可申請書や添付書類の手続きで困ったら次の相談窓口に相談しましょう。

  • 申請先の警察署
  • 行政書士

 

申請先である管轄の警察署で書類の書き方や集め方を教えてくれます。

 

また、行政書士に頼んで手続きを代りにやってもらう方法もあります。

行政書士とは『行政に提出する書類を作成する国家資格者』で古物商許可申請書も行政書士が作成することができます。

≫参考:古物商の申請を行政書士に依頼する3つのメリット

 

書類を窓口に提出する

警察署申請書類が全て揃ったら管轄の警察署へ提出します。

 

申請の流れ

  • 申請先の警察署の『生活安全課』に行く
  • 古物の担当者に書類を確認してもらう
  • 問題がなければ19,000円の収入証紙を貼って提出

収入証紙は警察署で購入できます。

申請先の警察署で直接購入しましょう。

 

古物商許可証が交付される

古物商許可証の取得審査期間の経過後、許可証が交付されます。

 

許可証が交付されたら申請した警察署へ行き許可証を受け取ります。

 

その後、古物営業を行う際に必要な看板や台帳等を揃えて古物営業開始となります。

 

古物商許可証を取得する2つのメリット

走るビジネスマン

  1. 安心して古物の販売ができる
  2. お客様に信頼感を与えることができる

 

安心して古物の販売ができる

喜ぶビジネスマン許可証を所持していることで安心して古物営業ができます。

無許可で営業を行うと重たい罰則があります。

 

バレなければ…

と不安な状態で古物の売買はやめましょう。

 

古物商許可証を持って堂々と古物の販売を行ってください。

 

古物商許可証は有効期限がないので、1度取得すれば更新もないので継続して古物営業ができます。

 

お客様に信頼感を与えることができる

握手許可証があることで対外的に信頼感が増します。

取引相手であるお客様に信頼してもらえます。

 

許可を持っている人、許可を持っていない人。

どちらから古物を買いたいですか?

 

許可を持っている方が『ちゃんとしてるな』という印象を与えることができます。

 

【関連記事】

 

行政書士塚田貴士事務所へのご相談はこちらから 

タイトルとURLをコピーしました