古本の販売に古物商許可は必要?

古本の販売に古物商許可は必要?古物商許可申請

古本の販売を行う場合に古物商許可は必要ですか?

 

古本の販売を行う場合、古物商許可が必要なケース、不要なケースの両方が存在します。

今回は両方のケースについて確認していきます。

 

今回のテーマ

  • 古本販売に古物商許可が必要なケース
  • 古本販売に古物商許可が不要なケース
  • 古物商許可が必要か不要か見極めるポイント

 

古本の販売に古物商許可が必要なケース

レジの定員【結論】『ビジネス目的で古本の販売を行う』場合は許可が必要です。

古物商許可は、ビジネス目的で取引を行う場合に必要な許可だからです。

 

ビジネス目的とは、

最初から転売目的で古本を購入し、利益を得る目的で売却することです。

 

簡単にいうと、安く本を仕入れて、高く売る。

 

このよう目的であれば、利益を得る目的で古本販売を行っているので古物商許可は必要になります。

 

例えば下記のような場合は古物商許可の取得が必要になります。

  • 古本屋に行って大量の本を仕入れて、ネット販売する。
  • メルカリで古本を大量購入して、ヤフオクで転売する。

 

古本の販売に古物商許可が不要なケース

本【結論】『自分が読むために購入した本を読み終わったから売却する』場合は許可は不要です。

ビジネス目的ではなく、自分が読むためにに購入した本なので許可は不要です。

 

このケースは日常生活でよく行われている事です。

 

欲しい本があったので本屋で買ってきて、読み終わったから本屋で売る。

つまり、単に不要になった古本を売るだけなので許可は必要ありません。

 

例えば下記のような場合は古物商許可の取得が不要になります。

  • 資格の勉強本を購入したが、その資格を取得し不要になったので売却する。
  • 旅行雑誌を購入したが、旅行に行ってきて不要になったので売却する。
  • 自己啓発本を購入して読み終えたので売却する。

 

まとめ

古本の販売に許可が必要なケース、不要なケースを確認してきました。

  • 古本の販売をビジネス目的で行うのであれば古物商許可が必要。
  • ビジネス目的でない場合は原則許可は不要。

 

利益を得る目的で古本の販売を行うのであれば許可は取りましょう。

≫参考:【もう迷わない】古物商許可証の申請方法

 

【関連記事】

 

行政書士塚田貴士事務所へのご相談はこちらから 

タイトルとURLをコピーしました