古物商の『欠格事由』とは?具体的な内容と改善点も解説

古物商の欠格事由とは?

 

古物商許可が欲しいけど許可が取れない場合ってあるの?教えて下さい。

 

この疑問にお答えします。

 

今回のテーマ

  • 欠格事由とは
  • 欠格事由の中身

 

欠格事由とは

レッドカード欠格事由に該当してしまうと古物商許可はおりません。

古物営業法で規定されています。

 

古物営業法で

『〇〇に該当する人には古物商許可を与えません』

という規定があります。

 

これが欠格事由です。

 

欠格事由に該当している状態で古物商許可はおりません。

また許可後に欠格事由に該当してしまったら古物商許可は取り消されます。

 

欠格事由の中身

ノートと赤ペン

  1. 破産者で復権を得ていない
  2. 禁固以上の刑に処せられ、執行後5年を経過してない
  3. 一定の犯罪行為による罰金刑に処せられ、執行後5年経過してない
  4. 住んでいる場所がわからない
  5. 古物商許可を取り消されてから5年を経過してない
  6. 古物商許可の取り消し処分前に許可証を返納した者で返納から5年経過していない
  7. 暴力団員やその関係者
  8. 心身の故障によって古物商としての業務を適正に行えない
  9. 未成年者(例外あり)

 

上記の欠格事由に1つでも該当してしまうと許可はおりません。

 

申請者や管理者はもちろん、法人申請の場合は役員全員が欠格事由に該当していないことが必要です。

 

まとめ

古物商許可は誰でも取得できるものではありません。

古物営業法の『欠格事由』に該当していると許可は取得できません。

 

ただし、1度でも欠格事由に該当してしまうと二度と古物商許可が取れないのかというと、そんなことはありません。

現在は欠格事由に該当していても、今後該当しなくなれば許可の取得は可能でしょう。

 

ほとんどの事項は期間の経過によってクリアできます。

改善できる点は改善し、期間による場合は一定期間が経過するまで待ちましょう。

 

自分が欠格事由に該当しているのか不安な方は窓口の警察署や行政書士に相談してみましょう。

 

【関連記事】

 

行政書士塚田貴士事務所へのご相談はこちらから