古物商の変更届って、どんな場合に提出するの?提出期限やお金はかかるの?変更届について詳しく教えてください。

 

この疑問にお答えします。

 

今回のテーマ

  • どんな場合に変更届が必要なの?
  • どこに提出するの?
  • いつまでに提出するの?
  • 費用はかかるの?

 

どんな場合に変更届が必要なの?

【結論】当初の申請書の内容に変更があった場合は変更届が必要です。

変更した事実を警察署に知らせる義務があるからです。

 

古物営業を営んでいくなかで、

古物商許可証の記載事項に変更が生じた場合は『書き換え申請』が、その他の変更には『変更届が必要です。

 

書き換え申請が必要な場合

 

  • 営業者の氏名又は名称・住所
  • 法人代表者の氏名・住所
  • 行商するか・しないか

変更届が必要な場合

 

  • 営業所の名称
  • 営業所の所在地
  • 役員の氏名、住所
  • 管理者の氏名、住所
  • ホームページのURLの変更、追加及び削除
  • 主たる古物の区分
  • 古物の区分
  • 営業所の移転・親切・廃止
  • 法人登記の内容に係る変更

 

どこに提出するの?

 

申請した警察署(許可証の交付を受けた警察署)になります。

 

住所変更や営業所が変更になる場合、新たな住所地の管轄の警察署ではなく、変更前の警察署に提出することになります。

いつまでに提出するの?

 

変更日から14日以内に提出します。

 

ただし、登記事項証明書の添付が義務付けられている場合は20日以内となります。

提出の際、費用はかかるの?

 

  • 書換申請…1,500円
  • 変更届…手数料はかかりません。