古物商の許可がないのに中古品の売買をしてしまったら?

古物商許可がないのに中古品の売買業をしてしまった場合古物商許可の基礎知識

古物商許可がないのに中古品の売買業をしてしまった場合

 

無許可で中古品の買取・販売を行ってしまいました。問題はありますか?

 

 

この記事を読んでわかること

無許可営業をしてしまった場合の対策

 

無許可で中古品の売買を行うと罰則の対象になります!

警察官古物の売買を利益を得る目的で行う場合は事前に都道府県公安委員会の許可(古物商許可)を得なければなりません。

利益を得るとは古物を安く仕入れて高く売って儲けを得る行為を繰り返し行うことです。

つまり、中古品ビジネスとして古物を仕入れて販売する場合は古物商許可が必要になります。

≫参考:古物とは?【わかりやすく解説】

 

古物商許可はビジネス目的で古物の買取・販売をする場合に必要なものです。

自分が使用するために買った古物を処分目的で売却する行為について許可は不要です。

例えば、自分が読むために買った本を読み終わったのでネットで売る。

遊び終わったゲームを買取店に行って売る。

このようなケースであれば許可は不要です。

≫参考:古物商許可がいらないケースとは?【詳細解説】

 

古物商許可を取らずに古物営業(中古品の買取・販売業)を行ってしまうと『3年以下の懲役または100万円以下の罰金』に処せられる可能性があります。

≫参考:古物営業法

 

世の中の人は知ってか、知らずか許可なしで中古品の売買を行っている方がいますが無許可営業は罰則の対象になります。

 

今はネット上で古物の売買を行うケースが増えています。

それに乗じて規制の目も強化されていくでしょう。

知らなかったでは済まされないので古物の取引をする場合は『古物商許可』の取得は必須です。

 

古物商許可がないのに古物営業をしてしまったら?

営業活動

  • 古物商許可の存在を知らずに中古品の売買をしてしまった
  • 許可の存在は知っていたが、バレないだろうと思い古物の買取・販売を行った

このような方は今すぐ中古品の売買をストップして速やかに古物商許可を取得してください。

 

『許可を持っていないのに中古品の売買を行ってしまったが古物商許可は取れますか?』というご相談をいただくことがあります。

 

結論から言うと古物商許可は取れます。

 

あくまで経験上の話になりますが、古物の売買をしてしまったことを正直に警察に伝えて今後はきちんと法令を遵守して営業を行う旨の説明をすれば普通に許可は下りますし、罰則に科されるケースもほとんどないと思います。

 

無許可営業をしてしまった後に警察に行って申請はやりにくいかもしれませんが事情をしっかり説明すれば許可になる可能性は十分にあります。

≫参考:古物商許可を取得する3つのメリット

 

古物商許可の取得方法

書類を見ている人古物商許可を取得するには『古物商許可申請』をしなければなりません。

古物商許可申請は『警察』にします。

まずは申請先である警察に対して申請書類を提出することになります。

提出後、内容を確認・調査するために審査期間に入り、問題がなければ古物商許可がもらえます。

 

【古物商許可を取得するまでの流れ】

  1. 古物商許可申請書類の作成
  2. 申請先の警察署に申請書類一式の提出
  3. 審査期間【40日程度】
  4. 古物商許可証の交付【許可取得】

≫参考:【もう迷わない】古物商許可証の申請方法

≫参考:古物商許可の申請はどこの警察署に行うの?

≫参考:古物商許可申請書の書き方を『しっかり』解説

≫参考:古物商許可申請に必要な略歴書の書き方を解説

 

まとめ

古物商の許可がないのに中古品の買取・販売業を行うことはできません。

無許可で中古品の買取・販売を行うと『3年以下の懲役または100万円以下の罰金』に科される可能性があります。

 

許可なしで古物の取引を行っていたら取引をやめ速やかに古物商許可を取得して下さい。

 

古物商許可は警察署に対して古物商許可申請をします。

具体的には必要書類を作成・収集して提出します。

内容を確認され問題がなければ後日古物商許可が交付されます。

古物商許可申請のやり方がわからない場合は申請先の警察署に相談するか最寄りの行政書士に相談してください。

行政書士は古物商許可申請をサポートすることができます。

具体的には申請者に代わって申請書類の作成や窓口へ書類の提出ができます。

 

【関連記事】

 

行政書士塚田貴士事務所へのご相談はこちらから

タイトルとURLをコピーしました