古物商許可を取得するメリットを教えて下さい。

 

今回は下記のテーマについて解説します。

  • 古物商許可を取得する3つのメリット

 

古物商許可を取得する3つのメリット

  1. 安心して中古品の取引ができる
  2. 古物市場に参加できる
  3. お客様に安心感を与える

 

メリット1.安心して中古品の取引ができる

中古品の売買を利益を得る目的で行うのであれば古物商許可が必要です。

しかし、中には古物商許可のことを知らず取引してしまう人、あるいは知っているけど、そのまま古物営業をしてしまう人もいるかもしれません。

 

無許可で古物営業を行ってしまうと重たい罰則に科されてしまいます。

 

事前に古物商許可を取得しておけば安心して古物営業を行うことができます。

 

メリット2.古物市場に参加できる

古物市場とは、

古物商許可を持っている人しか参加できない、古物商間での取引ができる市場です。

一般の人は参加できないのです。

 

古物商にとって商品の仕入れ先は重要で、ご自身で開拓していかなければなりません。

 

古物市場を商品の仕入れ先として活用することができます。

 

古物市場にはさまざまな商品があるので古物商の仕入れ先の1つとして確保することができます。

 

古物市場で古物を安く仕入れて、利益が出るように販売する。

 

古物商のビジネスモデルの1つとして成り立つのではないでしょうか。

 

メリット3.お客様に安心感を与える

お客様目線で考えると、

古物商許可を持っているお店と持っていないお店、どちらから商品を買いたいかと聞かれれば、

古物商の許可を持っているお店ではないでしょうか。

古物商許可を持っていると、

『ここはちゃんとしているな』

という印象をお客様に与えることができます。

 

安心して商品の購入することができます。

 

古物商は営業所にプレート(看板)の設置義務があるので安心感を与えます。

 

さらに近年、ネット上でも古物売買が盛んに行われています。

ネット上で古物取引を行う場合、原則古物商は、

  • 古物商の氏名又は名称
  • 許可した公安委員会
  • 許可証番号

をサイト上に表示しなければなりません。

 

ネット上ではお客様とのやりとりは非対面で行われることが多いと思いますので、お客様にとってこの表示があることで安心に繋がります。

 

まとめ【古物商許可を取得する3つのメリット】

古物商の許可を取ることで得られるメリットは次の3つです。

  1. 安心して中古品の売買ができる
  2. 古物市場に参加できる
  3. お客様に安心感を与える

逆に古物商許可を取得するデメリットはそこまで多くありません。

 

メリットの方が多いので是非古物商の許可を取得して古物営業を行って頂きたいと思います。

古物商の許可は最初の申請が面倒ですが、古物の許可取得後は多くのメリットがあります。

また、申請手続きが面倒であれば行政書士に外注することもできます。