最近、中古品の売買が流行っているみたいで『古物商許可』って聞くけどなんのこと?

古物商許可について詳しく知りたいので教えてほしいです。

 

中古品の販売を考えている方であれば古物商許可(こぶつしょうきょか)という言葉を耳にしたことはあるかと思います。

 

これって何?と疑問に思う方もいるでしょう。

 

今回は下記のテーマについて解説します。

  • 古物商許可とは?
  • 古物商許可の取得方法

 

古物商許可とは?

 

 

中古品の売買を利益を得る目的で行う場合は行政の許可が必要です。

古物営業法で営利目的で古物の売買等を行う場合は都道府県公安委員会の許可が必要という旨の規定があります。

 

簡単にいえば、中古品を商売(ビジネス)目的で取引するなら許可が必要ですよ。というものです。

 

これが『古物商許可』です。

 

 

中古品ビジネスを行うのであれば、公安委員会の許可(古物商許可)を取ってください。

取らないと中古品の販売はできません。

 

無許可で営業すると処罰されます。

 

例えば、以下のような事業を行う場合は許可が必要です。

 

  • 『リサイクルショップを開業したい』
  • 『中古車販売を始めたい』
  • 『ネットで中古品ビジネスを行う予定だ』
  • 『古物を安く仕入れて高く売りたい』

このような場合、古物商許可を取らなければなりません。

 

単に使わなくなった古物を売るだけであれば原則許可は不要です。

ビジネス目的ではないからです。

  • 着なくなった服を処分するために売る
  • 遊び終わったゲームを売る
  • 読み終わった本を売る
  • パソコンを買い替えたいので、使ったパソコンを売る

このような場合許可は不要です。

 

【具体例】古物商許可が必要な場合

 

  • 古物を買い取って、他の人に売る
  • 古物を買い取って修理等して他の人に売る
  • 古物を買って、他の人にレンタルする
  • 古物を預かって、それを売った後に手数料をもらう
  • 国内で買った古物を国外に輸出して販売する
  • 上記の行為をインターネット上で行う等

 

【具体例】古物商許可が不要な場合

 

  • 単に自分の物を売る(許可がいる場合もある)
  • 新品の物を購入して、それを売る
  • 無料でもらった物を売る
  • 相手から手数料を取って、引き取った物を他の人に売る
  • 海外で買った物を売る等

 

古物商許可の取得方法

古物商許可を取得するには、都道府県公安委員会に申請して許可をもらう必要があります。

許可を取得しないと古物営業ができません。

 

どうやったら古物商許可を取得できるのか。

古物商許可を取得するまでの流れは次の通りです。

 

  1. 申請窓口を確認
  2. 申請に必要な書類を揃える
  3. 申請窓口に書類を提出する
  4. 審査期間経過後、許可が下りる

 

1.申請窓口を確認

どこに申請するのか確認しましょう。

申請先がわからないと、どこに提出すればいいかわかりません。

 

申請先は下記になります。

主たる営業所の所在地を管轄する都道府県の警察署

 

古物商許可を取得するためには営業所を原則設置しなければなりません。

営業所を管轄している警察署が書類の提出先です。

 

例えば、愛知県名古屋市緑区に営業所を構える場合、申請先は緑警察署。

愛知県一宮市に営業所を構える場合は一宮警察署になります。

 

この例でいくと最終的には緑警察署や一宮警察署に提出した書類が愛知県公安委員会に送られ、

そこで許可がでます。

 

2.申請に必要な書類を揃える

どんな書類が必要なのか確認します。

定められた申請書類を提出しなければなりません。

 

許可を受けたい都道府県の警察のホームページから申請書をダウンロードします。

あるいは申請先の警察署で貰える場合もあります。

≫参考:申請に必要な書類

 

3.申請窓口に書類を提出します

申請書類がすべて揃ったら窓口に提出します。

申請窓口は営業所を管轄している警察署です。

 

いきなり行くと担当者が不在の場合や窓口が混んでいるためまた別日に…。

とならないため、事前に電話で申請日を伝えておくことをお勧めします。

 

4.審査期間経過後、許可が下りる

申請後、約40日で許可が下ります。

申請後は審査期間に入ります。そこで許可・不許可の判断がなされます。

 

問題がなければ無事に許可が下ります。

 

許可取得後は申請窓口で許可証を受け取り、準備を整えたら営業開始です。

 

まとめ【古物商許可とは】

ビジネス目的で中古品の売買を行う場合は行政の許可を得なければなりません。

これが古物商許可です。

 

古物商許可を取得するには、都道府県の公安委員会に申請して許可を取らなければなりません。

 

関連記事

古物とは

古物商許可申請の際の注意点

古物商許可の欠格事由

古物商許可申請の必要書類

行商する

古物商許可証について

古物営業とは?

古物商Q&A