古物営業とは何ですか?教えて下さい。

 

古物商を始める方であれば知っておきたい『古物営業』の正体について解説します。

 

今回のテーマ

古物営業とは?【3種類あります】

 

古物営業とは?【3種類あります】

【結論】古物営業は3種類あります。

古物営業法に根拠規定があります。

 

  • 1号営業…古物商
  • 2号営業…古物市場の経営
  • 3号営業…インターネットオークションの運営

 

1号営業

一番なじみのあるのが1号営業です。

多くの方がこの1号営業を営んでいるからです。

 

 

1号営業は下記のような営業を指します。

 

  • 古物を買い取って売る
  • 古物を安く仕入れて高く売る

 

具体的にいうと、

利益を得る目的で古物の売買や交換を行うことが1号営業です。

 

古物商ともいいますが一般的に1号営業を行う人が大半を占めています。

 

よくあるケースとして、

 

『最初から転売目的で古物を仕入れて売る』

 

これが1号営業です。

 

1号営業を行う場合は『古物商許可』を取得しなければなりません。

 

2号営業

古物市場の経営です。

 

古物市場とは古物商のみ参加できる市場で、そこでは古物商間で古物の取引が行われています。

 

この古物市場の経営が2号営業です。

 

2号営業を営む場合は公安委員会の許可を取得しなければなりません。

 

3号営業

インターネットネットオークションの運営です。

古物競りあっせん業者ともいわれます。

 

簡単にいうとヤフーオークションの運営者などがこれに当たります。

 

ヤフーオークションは一般の人でも広く利用できるものですが、

 

この人達は3号営業には該当しません。

 

あくまでも運営者が3号営業に該当します。

 

3号営業は許可ではなく、「届出」の提出となっています。

 

まとめ[古物営業とは?]

 

古物営業は以下の3つに分類されています。

 

  • 1号営業…古物商
  • 2号営業…古物市場の経営
  • 3号営業…インターネットオークションの運営

 

大半の方は1号営業を行うと思います。

 

1号営業を行うには古物商許可の取得は必須です。

≫参考:古物商許可の取り方

 

関連記事

古物とは

古物商許可とは

古物商許可申請の際の注意点

古物商許可の欠格事由

古物商許可申請の必要書類

行商する

古物商許可証について

古物商Q&A

お気軽にお問い合わせください。080-6909-3150営業時間 9:00-21:00[日・祝日除く]

メールでの相談はこちら お気軽にお問い合わせください。