古物営業とは?

古物営業とは古物の売買または交換等をお金を稼ぐ(利益を得る)目的で反復・継続して行う行為をいいます。

中古品を買い取って、別の人に売る場合等が該当します。

単に自分の使っていたものを売るだけでは許可は不要ですが、利益を出す目的で継続的に売買を行う場合に許可が必要です。

今後、古物を反復・継続して取引を行う予定なら、「古物商許可」を取っておいた方が安心です。

古物営業には3つの形態があり、1号営業~3行営業まであります

1号営業とは、古物の売買、交換、別の物と交換する等があります。

通常、古物営業を考えている方のほとんどは1号営業の許可になります。

古物商はこの1号営業の許可になります。

2号営業とは、古物商間の売買、交換を行うための市場のことで、許可を受けて古物市場を経営する営業をいいます。

古物市場には古物商の許可を持っている人しか参加することができません。

3号業務とは、インターネットネットオークションの運営を行うことです。

古物商の「許可」が必要なのは1号営業と2号営業の場合です。この許可を与えるのは公安委員会となります。

3号営業は許可ではなく、「届出」の提出となっています。

古物営業(まとめ)

古物営業とは、古物の売買等を反復・継続して行うことをいいます。

古物営業は3つの形態に分類されていて、古物の売買等を行う場合は1号営業の許可を取ることになります。

古物商間で、古物の取引を行う場合は2号営業、インターネットオークションの運営を行う場合は3号営業となります。

関連記事

古物とは

古物商許可とは

古物商許可申請の際の注意点

古物商許可の欠格事由

古物商許可申請の必要書類

行商する

古物商許可証について

古物商Q&A

お気軽にお問い合わせください。052-870-5249受付時間 9:00-21:00 [ 日・祝日除く ]

メールでの相談はこちら お気軽にお問い合わせください。