今度、古物商免許を取りたいけど、どうやったら古物商免許を取れますか?詳しく教えて下さい。

 

この疑問にお答えします。

 

今回のテーマ

  • 古物商免許の取得方法
  • 古物商免許を取得する4つの流れ

 

古物商免許の取得方法

【結論】古物商免許の取得には公安委員会の許可が必要です。

許可を得ないと古物商免許を取得できません。

 

古物商免許を取得するには『申請先である都道府県公安委員会の許可』が必要です。

 

  • 愛知県で申請するなら愛知県公安委員会の許可
  • 岐阜県で申請するなら岐阜県公安委員会の許可

 

許可を得るには警察署に申請書類を提出します。

その申請書類を審査して問題がなければ許可がもらえる仕組みです。

 

古物商免許を取得する4つの流れ

  1. 申請窓口の警察署を調査
  2. 申請書+添付書類の作成・収集
  3. 管轄の警察署へ申請書類の提出
  4. 古物商免許(許可)の取得

≫参考:古物商免許を取得するまでに必要な期間

≫参考:古物商許可の取得にいくら費用がかかるの?

 

1.申請窓口の警察署を調査

 

古物商免許を取得するには申請書類を窓口に提出しなければなりません。

提出する窓口は決まっています。

 

 

申請窓口は『主たる営業所を管轄している警察署』になります。

 

古物商免許を取得するには原則営業所を設置しなければなりません。

 

営業の中心となる営業所を管轄している警察署が申請窓口です。

 

営業所が1つの場合、その営業所を管轄している警察署が申請窓口です。

 

営業所が複数ある場合、営業の中心とすべき営業所を1つ決めます。

その営業所を管轄している警察署が申請窓口です。

 

申請先の警察署がわからない場合、最寄りの警察署に電話で確認してみてください。

 

2.申請書+添付書類の作成・収集

 

古物商免許の取得には申請書+添付書類を揃えなければなりません。

定められた書類をすべて揃えて提出しなければなりません。

 

提出書類は以下の通りです。

  • 古物商許可申請書…各都道府県の警察署のホームページ
  • 最近5年間の略歴書…各都道府県の警察署のホームページ
  • 誓約書…各都道府県の警察署のホームページ
  • 住民票…住所地の管轄の役所
  • 身分証明書…本籍地の役所
  • 登記簿謄本…法務局
  • URLの権限を疎明する資料…URLを入手した場所等
  • 賃貸借契約書のコピー…原則所有者

≫参考:古物商許可申請に必要な書類【徹底解説】

 

3.管轄の警察署へ申請書類の提出

 

申請窓口の警察署へ申請します。

不備・不足のない書類で申請しなければ、許可はもらえません。

 

書類がすべて揃ったら管轄の警察署に申請書類を提出します。

 

いきなり行くと担当者が不在の場合もあるので、事前に電話で日程調整を行った後に行かれるのが確実です。

 

申請自体は混んでいなければ20~30分程度で終わります。

 

担当者による書類のチェックが行われ、不備がなければ申請手数料(19,000円)を収入証紙で払って終了です。

 

5.古物商免許(許可)の取得

 

審査期間後にようやく古物商免許が取得できます。

 

再び申請窓口である警察署へ行き、古物営業に関する説明や古物商許可証を受けとって手続きは終了です。

 

その後、古物商のプレートや古物台帳等を揃え古物営業の開始です。

 

古物商免許の取得について(まとめ)

 

古物商免許を取得するには都道府県公安委員会の許可が必要です。

 

許可を得るには以下の流れになります。

  1. 申請書類の作成・収集
  2. 申請窓口へ書類提出
  3. 審査
  4. 古物商免許の取得

古物商免許の手続きについて解説してきましたが、上記のように申請作業はなかなか大変です。

 

お仕事をされている方や古物営業の事業準備等で時間がなく申請作業が困難な方は行政書士に依頼する方法もあります。

≫参考:行政書士に古物商許可の申請を頼む