昨今、中古品ビジネスが流行り、古物商の資格を取得されている方が増えているように思います。

そこで、今回は中古品ビジネスを行う方は必ず取得するべき、『古物商許可』の取得方法について解説していきます。

そもそも古物とは?

古物商許可とは?

まず、古物商の許可には2種類あります。

  • 個人で取得する場合…個人許可
  • 法人で取得する場合…法人許可

今回は個人で古物商の資格を取得する際の手続きについて解説します。

法人で古物商許可を取得する際の手続きはこちら⇒(古物商許可を法人で取得

古物商の資格はどうやって取るの?

古物商の資格を取得するまでの流れとして、次の1~5の流れで手続きを進めていきます。

  1. 資格取得の要件を確認する
  2. 古物(こぶつ)の資格を得るための必要な書類を集める
  3. 集めた書類を警察署に提出
  4. 提出後、審査期間を経て許可を取得する
  5. 中古品ビジネスを始める

1.古物商の資格を取得するための要件を確認する

まず、古物商の資格を得るために確認すべきは『欠格事由に該当していないこと』です。

欠格事由とは、古物商を規定している『古物営業法』という法律の中で、

『○○に該当している人には許可は与えません』と規定がなされています。

例えば、

  • 過去5年以内に犯罪歴がない
  • 住居の定めがない
  • 破産者でない
  • 業力団員でない

のような定めがあり、すべてに該当していないことが求められます。

1つでも該当すると古物商の資格を得ることはできません。

欠格事由の詳細はこちら⇒(欠格事由)

2.古物商の資格を得るための必要書類を揃える

欠格事由に該当していないことがわかったら、次に申請書類を集めていきます。

個人で申請する場合に提出する書類と書類の入手場所は以下の通りです。

  • 古物商許可申請書…各都道府県の警察署のホームページからダウンロード
  • 住民票の写し…住所地を管轄している市区町村
  • 身分証明書…本籍地がある市区町村
  • 登記されていないことの証明書…法務局
  • 誓約書…各都道府県の警察署のホームページからダウンロード
  • 最近5年間の略歴書…各都道府県の警察署のホームページからダウンロード
  • URLの使用権限を疎明する資料…ホームページを利用する場合

必要書類に関しての詳細はこちら⇒(古物商の申請に必要な書類

上記の書類を集め、書類が整ったら申請窓口に提出します。

3.集めた書類を警察署に提出する

上記の書類が整ったら、申請窓口である警察署に提出します。

ただし、提出する警察署はどこでもいいというわけではありません。

申請する警察署は、『営業所の所在地を管轄している警察署』に提出します。

古物商の資格を得るには、原則営業所を設置しなければなりません。

その営業所を管轄している警察署に書類を提出することになります。

管轄している営業所がわからない場合は、例えばネット検索で、

「○○市 古物商 申請先」

のように検索して調べる方法もあります。

申請窓口がわかったら、いきなり申請に行くのではなく、1度電話して申請の予約をしてから行くことをお勧めします。

古物の担当者は、管轄の警察署にもよりますが、それほど多くはありません。

いきなり行っても、いないパターンもあります。

申請では、担当者によって書類に不備がないかの確認が行われます。

不備がなければ、申請手数料として19,000円分の収入証紙を納めます。

収入証紙は警察署で購入できます。

提出後、審査期間を経て古物商の資格を取得

警察署に申請したら、その後審査期間に入ります。

審査期間はおよそ、40日程度かかります。

審査期間の経過後、警察署から連絡が入りますので、許可証を受取に行きます。

許可証の交付を受けないと古物営業ができません。

まとめ

古物商の資格を取得するまでの流れを見てきましたが、実際に古物商の資格を得るまでに結構な期間を要します。

必要な書類を集めたり、実際に申請した後の審査期間等を考慮すると、資格取得の決意~資格取得まで約1か月半~2カ月程度は必要です。

また、当然ですが、古物商の資格を得ないと古物営業はできないので注意が必要です。

古物商の資格を取得する場合は、これらの期間を考慮して計画を立てる必要があります。

お気軽にお問い合わせください。052-870-5249受付時間 9:00-21:00 [ 日・祝日除く ]

メールでの相談はこちら お気軽にお問い合わせください。