会社設立+古物商許可の取得を代行!面倒な手続きはお任せ下さい

古物商許可には『個人申請』と『法人申請』の2種類があります。

法人申請の場合は法人を設立していなければなりません。

当事務所は法人設立と古物商の許可申請をセットで代行致します(登記は司法書士)

お気軽にご相談ください。

このようなことでお悩みはありませんか?

  • 会社を設立して、同時に古物商の許可も取得したい
  • 会社設立や古物商許可の申請がわからない
  • 事業の準備、又は仕事で忙しくて手続きを行う時間がない

上記のことでお悩みでしたら、行政書士にお任せ下さい。

お忙しい皆様に代行して会社設立の手続きと古物商許可申請を代行致します。

※会社設立の際の登記申請に関する書類作成や申請等は司法書士が代行します。

なお、設立代行可能な法人は株式会社、合同会社に限定させていただきます。

株式会社と合同会社の違い

当事務所ご利用のつのメリット

1.出張も可!ご指定の場所まで伺います

当事務所代表は30代でフットワークの軽い行政書士が対応致します。

面談の際は、お客様のご指定の場所まで伺います。

わざわざ当事務所まで足を運んで頂く必要はございません。

またご依頼後は即日対応、かつ適宜業務状況についてご報告させていただきます。

2.面倒な手続きから解放されます。安心して事業の準備に専念して下さい

会社設立や古物商の許可申請には多くの書類作成や各行政機関に足を運んで手続きをしなければなりません。

今の時代、インターネットや書籍等によって調べれば手続きを行う事は可能であると思います。

しかし、始めての場合、手続きが難しく多くの時間と労力を要します。

面倒な手続きは行政書士が代行しますので、手間なく、ストレス無く手続きを行う事ができます。

空いた時間を利用して事業の準備等に専念してください。

3.ご依頼後の相談は何度でも無料!納得のいくまでご相談ください。

ご依頼後の会社の設立に関する相談(登記に関することを除く)や古物商許可申請に関する相談を無料でお伺いします。

電話、メールいずれも何回でも無料です。

4.会社設立が設立できなかった、又は古物商許可の取得ができなかった場合は報酬額を全額返金致します

当事務所のミスによって会社が設立できなかった、又は古物商の許可が下りなかった場合は報酬額を全額返金致します。

ただし、設立ができなかった、又は不許可の理由がお客様の虚偽申告の場合はご返金できませんので予めご了承ください。

5.ご依頼前に提示する金額以外頂きません!追加料金一切なし

当事務所はわかりやすい料金設定を心がけております。

ご依頼前に必要な費用についてご説明させていただき、ご納得いただけた場合に正式なご依頼とさせていただきます。

後になって追加料金を請求することはいたしませんので、安心してご相談ください。

6.心理カウンセラーの資格を所持!ご相談をじっくり伺います

当事務所代表の行政書士は、心理カウンセラーの資格を有しております。

お客様が相談しやすいよう常に傾聴の姿勢でお話を伺います。

また専門用語は使わず、わかりやすく、丁寧に対応致します。

行政書士のような士業は『敷居が高い』、『相談しにくい』などのイメージを持たれている方もいるかもしれません。

当事務所は『相談しやすい行政書士』を目指しております。

『敷居が高い』、『相談しにくい』なんてことは一切ないので、安心してご相談ください。

 

会社設立+古物商許可申請の代行料金

株式会社+古物商許可申請

株式会社+古物商許可申請
報酬額(税込) 149,800円
その他の費用 約221,000円※
合計 370,800円

※その他の費用

定款認証代…52,000円

登録免許税…150,000円(最低)

古物商許可申請の手数料(警察署に支払う)…19,000円

古物商許可申請の添付書類

報酬額には役員1名様分の添付書類の取得費用のみ含まれております。

役員1名様追加につき+5,000円となります。

上記の費用の他に司法書士報酬も発生します(登記)

合同会社+古物商許可申請

合同会社+古物商許可申請
報酬額(税込) 139,800円
その他の費用 79,000円※
合計 218,800円

※その他の費用

登録免許税…60,000円(最低)

古物商許可申請の手数料(警察署に支払う)…19,000円

古物商許可申請の添付書類

報酬額には役員1名様分の添付書類の取得費用のみ含まれております。

役員1名様追加につき+5,000円となります。

上記の費用の他に司法書士報酬も発生します(登記)

代行サービス内容

会社設立+古物商許可申請
無料相談(登記に関するものを除く)
会社設立手続き(登記は司法書士が対応)
管轄の警察署との事前相談
古物商許可申請書の作成+添付書類の収集
申請書類の提出

 

  • 無料相談…法人設立(登記以外)、古物商の申請に関するご相談。電話、メールいずれも無料。
  • 会社設立手続き…定款作成、定款認証、登記手続き。登記は司法書士が代行
  • 管轄の警察署との事前相談…担当者と申請に関する協議。
  • 古物商許可申請書の作成…申請書の作成。
  • 添付書類の収集…住民票、身分証明書、登記されていないことの証明書。
  • 申請書類の提出…管轄の警察署へ申請書類の提出。

会社設立+古物商許可を取得するまでの流れ

お客様に行って頂くこと…[お客様]

当事務所が行うこと…[当事務所]

STEP1.お申込み[お客様]

まずは電話又はお問合わせフォームからお問合わせください。

メールは24時間365日受け付けております。

STEP2.正式なご依頼・料金のお支払い[お客様]

正式な依頼当事務所から、お客様に電話やメールにてご連絡致します。

もし、ご依頼をご希望であれば、当事務所がご提供できるサービスを丁寧に説明させていただきます。

ご納得いただけた場合は正式なご依頼とさせていただきます。

当事務所は原則、前払い制を採用しております。

正式なご依頼後、料金のお支払いをご案内致します。

料金のお支払いが確認できましたら正式なご契約とし、業務に着手いたします。

STEP3. 会社設立[当事務所、司法書士]

お客様と直接お会いして、ヒアリングシートのご記入と必要な情報を提供していただきます。

その情報を元に会社設立の手続きを行います。

※登記に関する手続きは司法書士が代行します。

お客様には法人の印鑑を作成していただきます。

STEP4.申請書類の作成、添付書類の収集[当事務所]

書類作成当事務所で古物商許可申請書の作成、添付書類の収集を行います。

申請書の作成、添付書類の収集は3日~7日程度で完了します。

STEP5.申請窓口へ書類の提出[当事務所]

作成した申請書類を当事務所が管轄の警察署へ申請します。

書類完成後、当日か翌営業日には申請致します。

STEP6.古物商許可証の受け取り[お客様]

書類

申請から許可がおりるまで約40日かかります。

許可がおりましたら、管轄の警察署まで古物商許可証の受取をお願い致します。

当事務所は古物商許可証の受取代行は行っておりませんので予めご了承ください。

古物商標識(看板)と台帳を揃えて古物営業を開始となります。

対応地域

愛知県全域

名古屋市・千種区・東区・北区・西区・中村区・中区・昭和区・瑞穂区・熱田区・中川区・港区・南区・守山区・緑区・名東区・天白区・一宮市・瀬戸市・春日井市・犬山市・江南市・小牧市・稲沢市・尾張旭市・岩倉市・豊明市・日進市・北名古屋市・東郷町・長久手市・豊山町・大口町・扶桑町・津島市・愛西市・弥富市・大治町・蟹江町・飛島村・半田市・常滑市・東海市・大府市・知多市・阿久比町・東浦町・南知多町・美浜町・武豊町・岡崎市・碧南市・刈谷市・豊田市・安城市・西尾市・知立市・高浜市・幸田町・みよし市・豊橋市・蒲郡市・新城市・田原市・設楽町・東栄町・豊根村・豊川市・清須市・あま市

お気軽にお問い合わせください。052-870-5249受付時間 9:00-21:00 [ 日・祝日除く ]

メールでの相談はこちら お気軽にお問い合わせください。