古物商許可が欲しいけど許可が取れない場合ってあるの?教えて下さい。

 

この疑問にお答えします。

 

今回のテーマ

  • 欠格事由とは
  • 欠格事由の中身

 

欠格事由とは

欠格事由に該当してしまうと古物商許可はおりません。

古物営業法で規定されています。

 

古物営業法で

『〇〇に該当する人には古物商許可を与えません』

という規定があります。

 

これが欠格事由です。

 

欠格事由に該当してしまうと古物商許可はおりません。

 

欠格事由の中身

[su_note note_color=”#f4f8f8″ radius=”5″]

  1. 破産者で復権を得ていない
  2. 禁固以上の刑に処せられ、執行後5年を経過してない
  3. 一定の犯罪行為による罰金刑に処せられ、執行後5年経過してない
  4. 住んでいる場所がわからない
  5. 古物商許可を取り消されてから5年を経過してない
  6. 古物商許可の取り消し処分前に許可証を返納した者で返納から5年経過していない
  7. 暴力団員やその関係者
  8. 心身の故障によって古物商としての業務を適正に行えない
  9. 未成年者(例外あり)

[/su_note]

 

上記の欠格事由に1つでも該当してしまうと許可はおりません。

 

申請者、管理者、法人申請の場合は役員全員が欠格事由に該当していないことが必要です。

 

関連記事

古物とは

古物商許可とは

古物商許可申請の際の注意点

古物商許可申請の必要書類

行商する

古物商許可証について

古物営業とは?

古物商Q&A

 

行政書士塚田貴士事務所へのご相談はこちらから