株式会社と合同会社を設立するならどっちがいいの?

古物営業を法人として行っていきたいと考えた場合、一般的に会社設立するうえで考えられるのは、

株式会社?合同会社?どっちがいいの?

という疑問に直面します。

そこで、株式会社、又は合同会社どちらの法人形態でいくのか、それぞれの違いを理解して選んで頂きたいと思います。

株式会社と合同会社の違い

1.設立費用が違う

株式会社の設立に必要な費用は次の通りです。

  • 印紙代…40,000円(電子定款の場合は0円)
  • 定款認証代…50,000円
  • 登録免許税…150,000円

合計…約240,000円

合同会社の設立に必要な費用は次の通りです。

印紙代…40,000円

登録免許税…60,000円

合計…約100,000円

上記の通り、設立時に必要な費用の内訳をみても、株式会社と合同会社では設立時に約14万程度の違いがあります。

つまり、合同会社の方が株式会社よりも安い金額で設立することができます。

この金額は、あくまで参考金額としてお考えください。また専門家に依頼した場合はさらに専門家に支払う報酬額も加算されます。

費用面で考えると合同会社の方が設立費用が安いといえます。

2.信用度や認知度の違い

日本の会社の多くは株式会社です。従来から続いていることから私たちは株式会社には馴染みがあり、知っている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

一方で、合同会社は2006年の会社法によって導入された会社形態で比較的に新しい法人であります。

そのため、認知度はそこまで高くはありません。

ただ、近年合同会社の設立件数は増加傾向にはありますが、認知度でいえば株式会社にはまだ劣るのではないでしょうか。

また企業同士の取引、あるいは契約においては株式会社の方が信用度が高いイメージを持ちます。

以上のことから、信用度や認知度の観点で言えば株式会社の方が優れていると思われます。

対外的なイメージを気にされるのであれば株式会社の方がいいと考えます。

利益分配の違い

株式会社と合同会社どちらも当然に事業で得た利益を受けることができます。

ただし、受ける利益配分に違いが生じます。

株式会社では会社にどれだけ出資したかによって分配される利益が変わってきます。

つまり、多額の資金を出資すればそれだけ多くの利益をうけとることができます。

一方で合同会社は自由な利益分配が認められています。

つまり、多く資金を出資した人でも利益分配を少なくすることも可能です。

  1. 出資した資金は少ないが会社への貢献度が高い人
  2. 出資した金額は高いが会社への貢献度が低い人

1の人に多くの利益を分配することが可能なのです。

株式会社の場合、出資比率に応じた利益分配がなされ、合同会社の場合は出資比率に関係なく自由に利益分配ができることになっています。

株式会社と合同会社の違い(まとめ)

  1. 設立費用がの違い
  2. 信用度・信頼度の違い
  3. 利益分配の違い

以上、株式会社と合同会社の違いをみてきましたが、ご自身の事業計画に合った法人形態を選ばれるのが1番かと思います。

会社を大きくしたい!のであれば資金調達のしやすさ、信用度等考慮して株式会社がいいと思いますし、

一方、個人事業より法人化した方が節税対策になる、単に法人化したいのであれば合同会社でもいいと思います。

ご自身で古物商許可を取得して、古物営業を行う上で、法人設立をする理由がどこにあるのか確認したうえでご検討いただけたらと思います。

お気軽にお問い合わせください。052-870-5249受付時間 9:00-21:00 [ 日・祝日除く ]

メールでの相談はこちら お気軽にお問い合わせください。