古物商の『行商』って何?どういう意味ですか?教えて下さい。

 

この疑問にお答えします。

 

今回のテーマ

  • 古物商の行商って何?
  • 行商の注意点
  • 行商する方法

 

古物商の行商って何?

 

【結論】行商とは自分の営業所以外の場所で古物の販売をすることです。

行商をしないと古物商は自分の営業所でしか古物の販売ができません。

 

『行商する』ことで、営業所の外でも古物の販売ができるようになります。

 

行商の例

  • お祭りの屋台
  • 公園
  • デパートの催事場
  • 中古車の訪問販売
  • 古物市場

 

行商をすると上記のように様々な場所で古物の販売ができるようになります。

 

行商の注意点

【重要】行商では販売行為(売る)しかできません。行商先で買取はできません。

法律で定められています。

 

古物の買取は「自分の営業所」又は「相手方の住所又は居所」でしかできません。

よって、行商先で古物の買取はできないのです。

 

簡単にいうと行商は、

全国どこでも古物を売ることはできるが、買取は自分の営業所か相手の住所か居所でしかできない。

 

この買取の制限は一般人との取引においてのみ適用されます。

 

古物商間での取引では買取制限は適用されません。

 

つまり、古物商同士であれば、どこで買取してもokです。

 

また届出を出せば『仮設店舗』でも買取はできます。

 

相手方の住所又は居所で古物の買取をしたい場合は「行商する」で申請します。

 

行商する方法

【結論】『行商する』で申請すればokです。

申請書に行商するか、しないか選択する項目がありますので、するで申請します。

 

『行商しない』で許可を持っている場合『行商する』に変更はできます。

 

申請した警察署で変更の手続きを行えば『行商する』に変更も可能です。

 

実際に行商をする場合、古物商許可証の携帯が必要になります。

 

従業員が行商を行う場合、行商従業者を携帯しなければなりません。

 

関連記事

古物とは

古物商許可とは

古物商許可申請の際の注意点

古物商許可の欠格事由

古物商許可申請の必要書類

古物商許可証について

古物営業とは?

古物商Q&A