古物商許可が欲しいので『古物商許可申請』をしたいです。申請のやり方を教えて下さい。

 

この疑問にお答えします。

 

今回のテーマ

  • 古物商許可申請の方法【5つの流れ】
  • 古物商許可申請に必要な書類
  • 古物商許可申請に必要な費用
  • 古物商許可を取得するまでの期間
  • 行政書士に申請代行を頼む

 

古物商許可申請の方法【5つの流れ】

  1. 欠格事由に該当しない
  2. 申請先を調査
  3. 申請書類を揃る
  4. 申請窓口に申請
  5. 許可証交付

 

欠格事由に該当しない

古物商許可を得るには欠格事由に該当しないことが求められます。

欠格事由に1つでも当てはまると不許可になります。

 

最初にこの欠格事由に該当しないか確認してください。

 

具体的には下記に該当すると許可を取得できません。

  • 破産者で復権を得ないもの
  • 一定の犯罪行為を犯し5年を経過しないもの
  • 住居の定まらないもの
  • 暴力団員その他犯罪組織に属している
  • 心身の故障により古物商を営むことができない
  • 古物商許可を取り消されて5年を経過しないもの
  • 未成年者

 

上記の欠格事由に1つも該当していないことを確認してください。

≫参考:古物商の欠格事由【詳細解説】

 

古物商許可申請窓口

申請窓口は主たる営業所の所在地を管轄する警察署です。

古物商の申請先は決まっています。

どこでもいいわけではありません。

 

営業所を1つしか設置しない場合は営業所の所在地を管轄している警察署が申請先です。

 

例:愛知県緑区に営業所を設置⇒緑警察署が申請先。

 

申請先がわからない場合は申請先の都道府県警察本部に電話して聞いてみて下さい。

 

例:愛知県内で申請するなら愛知県警察本部。

≫参考:古物商許可を申請する警察ってどこ?【わかりやすく解説】

 

申請書類を揃える

申請書類を揃えます。

許可を得るためには申請書類の提出は必須です。

 

申請書類は各都道府県警察のホームページからダウンロード又は申請先の警察署で入手します。

 

申請窓口に申請

申請窓口の生活安全課に書類を提出します。

不備・不足のない書類を提出しなければなりません。

 

生活安全課の担当者によって書類のチェックが行われます。

 

問題がなければ受理されます。

 

申請から許可がおりるまで約40日程度かかります。

 

許可が下りたら許可証が交付されます。

 

許可証の交付後にプレートと台帳を揃えて古物営業の開始です。

 

古物商許可申請に必要な書類

【結論】古物商許可申請では必要書類を提出しなければなりません。

定められた書類の提出が義務付けられています。

 

具体的な書類と入手場所は以下の通りです【個人申請の場合】

  • 古物商許可申請書…各都道府県の警察署のホームページ
  • 最近5年間の略歴書…各都道府県の警察署のホームページ
  • 誓約書…各都道府県の警察署のホームページ
  • 住民票…住所地の管轄の役所
  • 身分証明書…本籍地の役所
  • 登記簿謄本…法務局
  • URLの権限を疎明する資料…URLを入手した場所等
  • 賃貸借契約書のコピー…原則所有者

≫参考:古物商許可に必要な書類【徹底解説】

≫参考:法人で古物商許可を取得する方法【わかりやすく解説】

 

古物商許可申請に必要な費用

【結論】申請に必要な費用は最低2万円は必要です。

申請手数料、公的書類の取得代等の実費が2万円です。

 

申請に必要な実費

  • 警察署に払う申請手数料(19,000円)
  • 公的書類の取得代(数百円~1,000円程度)
  • 交通費(数百円~数千円程度)

 

具体的な費用は下記のとおりです。

 

  • 申請手数料…19,000円
  • 住民票の写し…300円程度
  • 身分証明書…300円程度
  • 登記事項証明書(法人申請のみ提出)…480円~600円
  • 交通費その他実費…数百円~数千円程度

 

このように実費だけでも最低20,000円程度は必要です。

 

加えて行政書士に依頼する場合は追加で費用がかかります。

 

行政書士に申請代行を依頼した場合、相場は5万円程度です。

≫参考:古物商許可の取得にいくら費用がかかるの?

 

古物商許可を取得するまでの期間

【結論】50日程度。

申請書類一式を揃える⇒窓口に申請⇒審査⇒許可。

この一連の作業が50日ぐらいかかります。

 

許可取得の流れとそれに必要な期間について確認していきます。

 

  1. 管轄の警察署への事前相談…1日
  2. 申請書類の作成・収集…7日~14日程度
  3. 申請窓口へ書類の提出…1日
  4. 審査期間…約40日
  5. 許可証の交付…1日

 

合計:50日程度。

≫参考:古物商許可を取得するまでに必要な期間【徹底解説】

 

行政書士に申請代行を頼む

【結論】行政書士に古物商許可申請の代行を依頼することができます。

行政書士は書類作成の専門家なので、古物商の申請手続きを行うことができます。

 

古物商許可申請を自分で行ってもいいし、行政書士に頼んでもOKです。

 

行政書士に頼むと申請書類の作成・添付書類の収集から申請まで代行してくれます。

 

時間がなくて手続きができない、あるいは許可が取れるか不安という方は行政書士に外注する方法もご検討ください。

≫参考:行政書士に古物商許可の取得を頼む【徹底解説】

 

まとめ[古物商許可申請の方法]

 

古物商許可を取得するには都道府県公安員会の許可が必要。

 

古物商許可を取得するまでの流れ

 

  1. 欠格事由に該当しない
  2. 申請先を調査
  3. 申請書類を揃る
  4. 申請窓口に申請
  5. 許可証交付

 

古物商許可申請に必要な書類

 

  • 古物商許可申請書…各都道府県の警察署のホームページ
  • 最近5年間の略歴書…各都道府県の警察署のホームページ
  • 誓約書…各都道府県の警察署のホームページ
  • 住民票…住所地の管轄の役所
  • 身分証明書…本籍地の役所
  • 登記簿謄本…法務局
  • URLの権限を疎明する資料…URLを入手した場所等
  • 賃貸借契約書のコピー…原則所有者

 

古物商許可を取得するのに必要な費用

最低2万円。

 

古物商許可を取得するまでに必要な期間

50日程度。

 

行政書士に古物商許可申請を代行してもらう方法もある。

 

関連記事

古物とは

古物商許可とは

古物商許可の欠格事由

古物商許可申請の必要書類

行商する

古物商許可証について

古物営業とは?

古物商Q&A

お気軽にお問い合わせください。052-870-5249営業時間 9:00-21:00[日・祝日除く]

メールでの相談はこちら お気軽にお問い合わせください。