今度、中古品販売を始めたいんだけど勝手にやって大丈夫?なにか手続きとかいる?教えて下さい。

 

中古品の販売を行うなら『古物商許可』について知っておく必要があります。

 

中古品の販売に古物商の許可はいるのか、いらないのか解説します。

≫参考:古物商許可とは?【よくわかる解説】

 

今回のテーマ

中古品の販売に古物商許可は必要?

 

中古品の販売に古物商許可は必要?

【結論】利益を得る目的で中古品の売買を行うなら必要。

ビジネスとして中古品の販売を行う人が取らなければならない許可です。

 

  • 中古品の販売を商売目的で行う⇒許可は必要
  • 商売目的で行わない⇒原則許可は不要

 

中古品の売買を利益を得る目的で繰り返し行うのであれば古物商許可が必要です。

 

利益を得る目的とは、中古品を安く仕入れて、高く売る。

 

このような目的で中古品の販売を行うのであれば、古物商の許可は必要です。

 

一方で自分で使うために買った物をいらなくなったから売却する場合は許可は不要です。

 

  • 読み終わった本をリサイクルショップに売りたい。
  • 遊び終わったゲームを売りたい。
  • 車を乗り替えたいので、自動車屋に売りたい
  • 使わなくなった家具を処分するために販売したい

 

このように単に不用品を処分するのが目的の場合は許可は必要ないです。

 

まとめ

商売目的で中古品の販売を行う…許可いる

単に不用品を処分する目的で中古品を販売する…原則許可はいらない

 

古物商許可を取得しないとどうなる?【罰則あります】

【結論】重たい罰則があります。

無許可で営業する人を取り締まるためです。

 

中古品の販売を商売として行う場合は古物商の許可が必要です。

 

もし無許可で営業すると3年以下の懲役または100万円以下の罰金に科せられるます。

 

中古品の販売をビジネスとして行うのであれば古物商許可は取りましょう。

 

専門家に依頼する【行政書士】

【結論】行政書士に古物商許可の取得代行をお願いすることができます。

行政書士は古物商許可の手続きができる専門家です。

 

古物商許可の取得には多くの時間と労力を要します。

 

忙しくて時間がない方や申請手続きが困難な方は行政書士への外注も検討してください。

 

行政書士は申請者に代わって古物商許可の申請書類の作成・収集、窓口への申請まで行うことができます。

 

行政書士に任せることで面倒な申請手続きから解放されます。

≫参考:古物商許可の取得を行政書士に頼みたい【徹底解説】

 

まとめ[中古品の販売を行う場合に古物商許可が必要?]

 

中古品の販売をビジネスとして行う場合は古物商の許可が必要になります。

 

無許可で営業すると重い罰則に科されますので必ず許可は取りましょう。

 

中古品販売業の開業準備で忙しい方、面倒な申請作業を代行してほしい方は行政書士に外注する方法もありますのでご検討ください。