中古品の販売に古物商許可は必要なの?

『使わなくなった中古品を売りたいんだけど…普通に売っちゃって大丈夫?もしかして古物商許可が必要なの?』

もしかしたらこのような事で心配される方もいるかもしれません。

今回は中古品の販売に古物商許可が必要なのか不要なのか解説していきます。

古物とは

古物商許可とは

中古品の販売には許可が必要なケース、不要なケースが存在します。

古物商許可が必要か不要か簡単に見極めるポイント

日々の生活の中で中古品を販売するケースは多いのではないでしょうか?

例えば

 

  • 家にある大量の本をリサイクルショップで売ってすっきりしたい。
  • 遊び終わったゲームを売りたい。
  • 車を乗り替えたいので、自動車屋に売りたい
  • 使わなくなった家具を処分するために販売したい
  • はじめから他人に売る目的で中古品を購入して販売する

中古品を販売する目的は上記のようにいろいろあります。

ではどのような場合に古物商許可を取らないといけないのでしょうか?

中古品の販売に許可がいるのかどうか確認すべき方法として、あなたに1つ質問します。

あなたはその中古品をどのような目的で購入しましたか?

ここは重要なポイントで、

  1. 自分が使う目的で購入した
  2. はじめから転売(他人に販売)目的で購入した

あなたはどちらだったでしょうか?

1か2によって古物の許可が必要か不要かが決まります。

1について、中古品を自分が使うために購入し、不要になったから売る。

多くの人はこのような目的で中古品の取引をされると思いますが、このケースは古物商許可は不要です。

当たり前といえばそれまでですが、自分が使わなくなった物を売るだけで古物商許可が必要と言われたら大変です。

2について、はじめから転売目的で中古品を購入した場合ですが、結論からいえばこのケースは許可が必要です。

自分が使うためでなく、最初から他人に売る目的で中古品を購入しています。

この場合は古物商許可を取らなければなりません。

許可を取らないと罰則が科されますので注意が必要です。

上記1、2の違いですが結局ビジネスとして中古品の取引をするかしないかの違いです。

ビジネス目的であれば古物商許可は必要でしょう。

ビジネス目的ではなく、単に中古品を処分したいから販売するなら許可は不要です。

※ただし、古物商許可が必要か不要かの判断は曖昧な部分があります。ここでご紹介したのはあくまで基準の1つですので、詳細な判断は窓口であるの警察署に確認してください。

まとめ[中古品の販売には許可は必要か]

中古品の販売に古物商許可が必要か不要か迷った時は、

ビジネス目的で中古品を仕入れるのか、あるいは単に自分が使うために購入したいだけなのか。

この点を確認して、ビジネス目的なら許可は必要ですし、ビジネス目的でないなら許可は不要となります。

ただ、この基準で判断がつかない場合は管轄の警察署に相談して確認するのも1つの方法だと思います。